• 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額
  • 借金減額

借金返済で借金がいくら減るのか?

借金返済はおまとめローンで借金をまとめてしまうのがベストです。

 

借金返済が難しくなったとしても何とかして借りたお金は返した方がいいですし、
最終的には『債務整理』という形で借金を返済することになります。

 

債務整理で借金がどれだけ減るかは下記からすぐに分かります。

 


⇒自分の借金がいくら減るのかすぐに分かります!詳細はこちらをクリックして下さい

 

自分の借金がいくら減るか分かります!

借金減額

 


⇒自分の借金がいくら減るのかすぐに分かります!詳細はこちらをクリックして下さい

 

債務整理の種類

過払い金請求

元本と合わせて返済した法外利息を計算して返還を求める(和解交渉)

任意整理

将来利息をゼロにして、月々の返済額を下げる(和解交渉)

個人再生

3年間で返済する金額を決めて、それ以上の金額を免除してもらう(民事裁判)

自己破産

返済不可能と判断してもらい、借金をゼロにする(民事裁判)

債務整理=自己破産と思っている人が多いですが、
自己破産は本当に最後の手段であり、
実際にはそれ以外の3つで解決するケースが大半です。


⇒自分の借金がいくら減るのかすぐに分かります!詳細はこちらをクリックして下さい

 

債務整理についての質問と回答

債務整理した後はどうなるの?デメリットはあるの?
自己破産の場合は「財産が全てなくなる、社会的な信用がなくなる、クレジットカードが作れなくなる」など大きな影響がありますが、残りの3つについては大きなデメリットはありません。

 

債務整理すると、借金がいくら減るものなの?
過払い金の場合はあなたが消費者金融などに支払った過払い金次第、任意整理の場合には相手側との交渉次第、個人再生の場合には優秀な事務所であれば借金総額の約8割が減額(借金が1000万円なら一気に200万円に!800万円もの大幅減額)、自己破産の場合には借金がゼロになります。

 

最もオススメの債務整理は?
マイホームなどの財産も残せた上で、約80%もの借金を減らせる『個人再生』です。例えば500万円の借金でも借金が約100万円にまで減ります(80%=400万円の減額)ので、借金に悩む多くの人が個人再生を選択します。自己破産とは違い、マイホームなどの財産が残せるのも大きな魅力です。

 

どの事務所にすればいいのか分からない?
このページの下部に掲載している借金減額シミュレーターを使えば、オススメの事務所が自動的に分かります。登録されている事務所は債務整理に強く、どの事務所も厳しい審査を潜り抜けた優秀な事務所ですので、あなたの力になってくれます。ここに登録されているような優秀な事務所であれば債務整理の実績が豊富で、個人再生の場合には借金の80%減額といったことも可能です。

 

近所に弁護士事務所があるけどそこでいい?
弁護士は色々な案件を扱っていますが、債務整理を扱っている事務所は限られています。事務所の腕によって結果は全然違いますので注意が必要です。「近くにあるから」という理由で事務所を適当に選んでしまうと、債務整理案件を一度も扱ったことがなく、借金が全然減らなかった・・・ということにもなりますので、このページの下部に掲載している借金減額シミュレーターで出てくる債務整理を専門に扱っている事務所がベストです。

 

債務整理の費用はどれぐらい?
過払い金請求は成功報酬で16〜18%前後、任意整理は10万円強〜25万円前後(借りれている業者が増えるほど増額)、個人再生は25〜30万円、自己破産は30万円前後です。なお、費用は事務所によっても違いますので、このページの下部に掲載している借金減額シミュレーターから確認してみて下さい。

 

債務整理は家族にバれる?秘密にできる?
自己破産の場合には家族にバレますが、それ以外は基本的には大丈夫です。ただ、個人再生の場合には民事裁判がありますので、バレないためには細心の注意が必要です。しかし、家族全体の問題ですので、(特に配偶者や両親には)しっかりと話して、家族全体で解決していく姿勢も大切だと思います。

 

債務整理をすると家族の将来(主に子供)に悪影響はある?
あくまでも本人の債務整理ですので、家族や身内の将来に影響はありません。例え、あなたが自己破産したとしても、あなたの家族(主にお子さん)が「ブラックリストに載る」「義務教育が受けられなくなる」「高校や大学に行けなくなる」「就職できなくなる」「結婚できなくなる」「クレジットカードが作れなくなる」「ローンが組めなくなる」「マンションやアパートが借りられなくなる」「カードローンなどでお金が借りられなくなる」「社会保障が受けられなくなる」「万が一の時に生活保護が受けられなくなる」などといったことは一切ありませんのでご安心下さい。例え、あなたが自己破産としたとしても、ご家族についてはあなたの債務整理に関係なく普通の生活が送れます。過払い金請求、任意整理、個人再生についても当然ながら家族に全く影響はありません。

 

借金がどれぐらいあったら債務整理したほうがいい?
人によっても違いますが、一つの目安としては借金が100万円以上で返す目途がなのであれば債務整理をした方がいいでしょう。逆に20万円や30万円といった金額の場合には債務整理ではなく、自力で返せる範囲だと言えます。

 

結局、債務整理はした方がいい?
債務整理とは結局、国が用意した復活システム(救済システム)です。この復活システムを活用することは全然恥ずかしいことではありませんし、私たちの権利でもあります。実際にこのチャンスを生かして復活した人はたくさんいます。債務整理をするしないはもちろんご本人の自由ですが、『今』本当に苦しい場合にはこの救済システムを活用して再チャレンジしてみるといいと思います。過払い金についてはそもそも相手の業者が悪いのですし、任意整理や個人再生についても本人に大きなデメリットはありませんので。

 


⇒自分の借金がいくら減るのかすぐに分かります!詳細はこちらをクリックして下さい

 

それでは、最後に実際に債務整理で復活した実例を下記からご覧下さい。

 

自分の借金がいくら減るか分かります!

借金減額

 


⇒自分の借金がいくら減るのかすぐに分かります!詳細はこちらをクリックして下さい

 

借金返済コラム

昔から、これからも良い付き合いを望むなら、お金の貸し借りだけは絶対にしないほうがよい、という格言があります。
親子でも兄弟でも友人通しでも、お金のトラブルが原因でその後の関係が悪化したという話しは枚挙に暇がありません。

 

お金を借りたら必ず返すことはごく当たり前なのに、なぜこんなトラブルが後を絶たないのでしょう。

 

その答えのひとつとして、現代は余りにもかんたんに借金ができる環境が整い過ぎていることを挙げる人がいます。

 

消費者金融やカードローン、クレジットカードやキャッシングなどは、今や利用したことのない人がほとんどいないと思われるほど普及しています。
また、マンションや車のローンはもとより、洋服やバッグなどほとんどの商品はローンと呼ばれる分割払いで購入することができます。
少し前までは、どうしても欲しいものを手に入れるためには、毎月少しずつ貯金をして、欲しいものが買えるようになるまで我慢をしていましたが、今や、欲しいものを手に入れることが最優先になり、支払は後になることがごく普通になってしまいました。

 

このことから言えることは、世の中が便利になることに反比例して、自制心と呼ばれる自分自身をコントロールする力が必要になってくるということではないでしょうか。
ある心理学者は、借金をするときには、その前に、返済途中で勤務先が倒産してしまった、給料日に酔っ払ってお金を落としてしまった、急に具合が悪くなって入院をしてしまったなどなど、できるだけたくさんのリスクを書き出してみろといっています。

 

つまり、この先どんなアクシデントがあっても、取り敢えず借りたお金だけは返済することができるという保障がない限り、借金をしてはいけないということなのです。
今も昔も借金のトラブルは増えることはあっても減ることはありません。
中には、始めから返せなくなったら弁護士に相談すれば良いくらいに考えている人もいます。

 

社会の中で生きていくたため大切なものは信用です。

 

借金返済ができなくなって法的な制裁を受ければ、貴方の信用はたちまち地に落ちてしまい、それを取り返すには今までの何倍もの時間が必要になることを自覚することが何より重要です。